OperaSaiオペラ彩 ニュースサイトTOP 定期公演について 泣いた赤鬼について お問い合わせ
定期公演のお知らせ
ある日の稽古場から 総合プロデューサー和田タカ子からのメッセージ オペラが街にやってくる オペラ「泣いた赤鬼」 オペラってなんだ!? 講座のご案内 特定非営利法人オペラ彩のご案内
オペラ「ラ・ボエーム」






チラシダウンロード





指 揮
ヴィート・クレメンテ
演 出
直井 研二
プロデューサー
和田タカ子

キャスト 10日(土)18:00 11日(日)14:00
ミミ 佐藤美枝子 鈴木 慶江
ロドルフォ 村上 敏明 城  宏憲
マルチェッロ 村田 孝高 星野  淳
ムゼッタ 登川直穂子 鷲尾 麻衣
ショナール 藤山 仁志 吉武 大地
コッリーネ 小野 和彦 佐藤 泰弘
ベノア 矢田部一弘 (両日)  
アルチンドーロ 福井 克明 (両日)  
パルピニョール 石塚 幹信 (両日)  
軍曹 伊東 達也 (両日) 税関兵 鷲尾 裕樹 (両日)  

合唱 オペラ彩合唱団 東邦音楽大学附属第二高等学校 / 東邦音楽大学 / 東邦音楽短期大学 有志
児童合唱 みどりのそよ風児童合唱団 うずら児童合唱団
管弦楽 アンサンブル彩 コンサートマスター 平澤 仁   バンダ 東邦音楽大学
美術 大沢 佐智子   照明 坂本 義美(龍前照明)   舞台監督 加藤 正信(加藤事務所)
衣裳 藤井 百合子(東京衣裳株式会社)   大道具 (有)イトウ舞台工房   小道具 加藤事務所
ヘアーメイク 丸善かつら   音響 齊藤 順子   字幕  ㈱アルゴン社
合唱指揮・副指揮 中橋健太郎左衛門   児童合唱指導 谷 礼子   演出助手 舘 亜里沙
コレペティトール 栁橋 幸子 今野 菊子 新保 あかり   インスペクター 南 幸子

主催 特定非営利活動法人オペラ彩 和光市 (公財)和光市文化振興公社
助成 公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団
文化庁「文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業」
認定 公益社団法人企業メセナ協議会

後援 イタリア大使館 イタリア文化会館 イタリア大使館 観光促進部 埼玉県 埼玉県教育委員会
朝霞市 志木市 新座市 和光市教育委員会 朝霞市教育委員会 志木市教育委員会 新座市教育委員会
和光市商工会 朝霞市商工会 志木市商工会 新座市商工会 (公社)全埼玉私立幼稚園連合会
(社)朝霞地区医師会 和光ロータリークラブ 朝霞ロータリークラブ 志木ロータリークラブ
新座ロータリークラブ 和光ライオンズクラブ 朝霞ライオンズクラブ (公財)日伊協会
(特)日本ヴェルディ協会 埼玉県合唱連盟

協力 (有)加藤事務所 鎌倉漱石の会

オペラ彩のあゆみ
 1984年、オペラ彩の前身である朝霞オペラ振興会を設立。指揮大勝秀也、演出中村敬一の両氏等と共に、メノッティや邦人の小品を数多く上演し、活動の礎を築く。
 1991年、第8回定期公演オペラ「泣いた赤鬼」から演出に直井研二氏を招き、制作、スタッフ、出演者が一丸となって音場空間を生かした新しいオペラ創りに挑み、斬新で意欲的な公演と高い評価を得る。「泣いた赤鬼」の移動公演を望む声が合い次ぎ、出前公演を開始する。
 2002年、第18回定期公演モーツァルト「魔笛」から和光市民文化センターを拠点に活動を開始、クオリティの高いグランドオペラを連続上演して今日に至る。
 2003年、名称をオペラ彩に変更。2007年、法人格を取得して特定非営利活動法人オペラ彩に移行した。
 二度に亘るモーツァルト4大オペラの連続上演(1995~03年)、プッチーニシリーズ(2004~07年)、ヴェルディシリーズ(2008~10年)が高い評価を得る。「トゥーランドット」(2007年)佐川吉男音楽賞奨励賞、「ナブッコ」(2008年)三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞と国内の大きな賞を連続受賞して、注目を集める。
 第27回定期公演オペラ「ゼッキンゲンのトランペット吹き」日独交流150周年記念参加事業(2011年)、第28回定期公演「アドリアーナ・ルクヴルール」(2012年1月)、第29回定期公演「マリア・ストゥアルダ」(2012年12月)、設立30年記念公演「マクベス」(2013年9月)、第31回定期公演「椿姫」(2014年11月)、第32回定期公演「ランメルモールのルチア」(2015年12月)と、グランドオペラのヒット作が続く。
 文化庁支援事業「文化芸術による創造のまち支援事業」(和光市2005・06年度)、埼玉県文化振興基金助成事業「オペラってなんだ!?」(2007年度)、「オペラってなんだ!?パート2」(2008年度)、「オペラはこうして作られる」(2012年度)、「歌いつごう日本の名歌、語りつごう日本の文化」(2013年度)を担当、地域との連携を図りながら独自のオペラ活動を行なっている。
 オペラの振興を願って2007年から開始した「オペラ勧進…和田タカ子歌と芸術よもやま話」は本年11月には100回を数え、参加者によるオペラ支援の輪が広がっている。
 浜田広介原作によるオペラ「泣いた赤鬼」の移動公演は70回を超え、親子三代が一緒に楽しめるオペラとして人気を博している。子供達からも感動のメッセージが数多く寄せられている。

受賞歴
第23回定期公演オペラ「トゥーランドット」第5回佐川吉男音楽賞奨励賞受賞(2007年)
第24回定期公演オペラ「ナブッコ」第5回三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞(2008年)
第29回定期公演オペラ「マリア・ストゥアルダ」第21回三菱UFJ信託音楽賞受賞(2013年)
和光市文化功労賞受賞(2015年度)




2016年第33回定期公演「ラ・ボエーム」 2015年第32回定期公演「ランメルモールのルチア」 2014年第31回定期公演「椿姫」



2013年オペラ彩設立30年記念公演オペラ「マクベス」 2012年第29回定期公演「マリア・ストゥアルダ」 2012年第28回定期公演「アドリアーナ・ルクヴルール」



2011年第27回定期公演「ゼッキンゲンのトランペット吹き」 2010年第26回定期公演「仮面舞踏会」 2009年第25周年公演「オテッロ」



2008年第24回定期公演「ナブッコ」



オペラ彩トップへ戻るメールでお問い合わせ