特定非営利活動法人 オペラ彩

menu

過去の定期公演PAST OPERA

ものがたり

 コメディ・フランセーズで最大の人気を誇った実在の女優、アドリエンヌ・ルクヴルールの愛と死を描いた、チレアの代表作。  アドリエンヌ(アドリアーナ)が謎の死を遂げたことから、当時、三角関係のもつれによるプイヨン公爵夫人の毒殺説が流れた。
 …恋人マウリツィオに贈ったすみれの花束が、ふとしたことから恋敵ブイヨン公爵夫人の手に渡る。去って行った恋人を思い、悲嘆にくれるアドリアーナのもとに、“マウリツィオより”と書かれた小箱が届く。中にはアドリアーナがマウリツィオに贈ったすみれの花束が…
 旋律美に彩られたチレアの名曲を、オペラ彩が誇る最高の布陣でお届けします。

オペラ彩「アドリアーナ・ルクヴルール」

指 揮 神田慶一
演 出 直井研二
プロデューサー 和田タカ子
キャスト 21日(土) 22日(日)
アドリアーナ・ルクヴルール 出口正子 登川直穂子
マウリツィオ 持木 弘 岡田尚之
ブイヨン公爵夫人 森永朝子 河野めぐみ
ブイヨン公爵 山口俊彦 北川辰彦
ミショネ 党 主税 清水宏樹
シャズイユ僧院長 吉田伸昭 中川正崇
ジュヴノ 上野まど香 梅津 碧
ダンジュヴィル 石川紀子 和田綾子
ポアソン 持木 悠 近藤辰俊
キノー 藤原 啓 吉原裕作
  • ダンサーパリス 坂爪智来 ヘルメス 大森康正
    三美神 ヘーラー 関口祐美 アプロディーテー 滝沢あかね アテーナー 角屋みづき
  • 合唱オペラ彩合唱団 SAI-Chorus Japan
  • オーケストラOrchestre du Poisson Bleu
  • バレエ伊藤京子バレエスタジオ
  • 美術大沢佐智子
  • 照明坂本義美(龍前照明)
  • 舞台監督佐藤卓三(加藤事務所)
  • 衣裳藤井百合子(東京衣裳)
  • 振付伊藤京子
  • 大道具(有)イトウ舞台工房
  • 小道具加藤事務所
  • メイクイマアジュ
  • 音響齊藤順子
  • 字幕㈱アルゴン社
  • 合唱指揮・副指揮辻 博之
  • 演出助手岸本伸子
  • 合唱ヴォイストレーナー和田タカ子
  • コレペティトール平塚洋子、髙野眞由美、今野菊子、星 和代、小笠原貞宗
  • インスペクター南 幸子
  • 主催・制作特定非営利活動法人オペラ彩
  • 共催(財)和光市文化振興公社
  • 助成公益財団法人 三菱UFJ信託芸術文化財団
  • 認定公益社団法人 企業メセナ協議会
  • 協力(有)加藤事務所 川越音楽 日本パウル・クレー協会 鎌倉漱石の会
  • 後援 イタリア政府観光局(ENIT) イタリア文化会館 (公財)日伊協会
    埼玉県 埼玉県教育委員会 和光市 朝霞市 志木市 新座市 和光市教育委員会 朝霞市教育委員会 志木市教育委員会 新座市教育委員会 和光市商工会 朝霞市商工会 志木市商工会 新座市商工会 (社)全埼玉私立幼稚園連合会 (社)朝霞地区医師会 埼玉県合唱連盟 和光ロータリークラブ 朝霞ロータリークラブ 志木ロータリークラブ 新座ロータリークラブ 和光ライオンズクラブ 朝霞ライオンズクラブ

オペラ彩のあゆみ

 1984年オペラ彩の前身である朝霞オペラ振興会を設立、爾来28年間に亘って自主制作による オペラを連続上演して今日に至る。2003年20回定期公演を記念してオペラ彩に名称変更する。2007年法人格を取得して、特定非営利活動法人オペラ彩に移行した。
 二度に亘るモーツアルト4大オペラの連続公演(1995~03年)、プッチーニシリーズ (2004~07年)、ヴェルディシリーズ(2008~10年)が高い評価を得る。
 好評を博した日独交流150周年参加事業/第27回定期公演オペラ「ゼッキンゲンのトランペッ ト吹き」首都圏初演(2011年1月)が契機となって、山形県長井市、ドイツ/バート・ゼッキ ンゲン市と交流が始まる。2011年7月、和田タカ子率いるSAI-Chorus Japanが渡独。オペラ の舞台となったトランペッター城で日本の歌を披露し、絶賛された。
 2005・06年度、和光市における「文化芸術による創造のまち」文化庁支援事業を担当、地域との連携を図りながら独自のオペラ活動を行なっている。オペラ「泣いた赤鬼」の移動公演は60回を数え、子供達から感動のメッセージが数多く寄せられている。

第23回定期公演オペラ「トゥーランドット」第5回佐川吉男音楽賞奨励賞受賞(2007年)
第24回定期公演オペラ「ナブッコ」第5回三菱UFJ音楽賞奨励賞受賞(2008年)

過去の定期公演