特定非営利活動法人 オペラ彩

menu

過去の定期公演PAST OPERA


オペラ「トスカ」制作にあたって

 原作は、フランスの劇作家サルドゥが大女優サラ・ベルナールのために書き下ろした戯曲、 「ラ・トスカ」です。1887年のパリでの初演が大評判となり、その後ヨーロッパの各地を巡回公演しています。
 1889年、ミラノで「ラ・トスカ」を観たプッチーニが、ドラマの魅力にひかれてオペラ化を思い立ったと言われています。同じ年に日本でも落語や歌舞伎に「ラ・トスカ」を題材にした作品が登場しています。
 サラをモデルに描かれたポスター『サルドゥ「ラ・トスカ」』(ミュシャ画 1899年)は、「椿姫」のヴィオレッタを連想させます。繊細な美しさと芯の強さを併せ持つ女優サラの人気が偲ばれます。
 愛するがゆえに惑い、苦しみ、悲劇的な最期を遂げるトスカとカヴァラドッシ。珠玉のアリア「歌に生き愛に生き」「星は光りぬ」、そしてキーワードともいえる悪役・警視総監スカルピアのセリフ、…ヤーゴにはハンカチ、私には扇子が…
 王党派と反王党派が対立する 1800年のローマで実際に起きた事件を背景に創作されたプッチーニ円熟期の傑作「トスカ」は、観るものに多くを語り掛けてきます。
 三菱UFJ託音楽賞を受賞した「マリア・ストゥアルダ」、「マクベス」、「ラ・ボエーム」、昨年の「トゥーランドット」と好評を博した、指揮ヴィート・クレメンテ、演出直井研二でおおくりします。

プロデューサー 和田タカ子

ヴィート・クレメンテ 指揮者

 バーリ国立音楽院「ニコロ・ピッチンニ」指揮科、歌曲科、ピアノ科、吹奏楽編曲科、合唱指揮科、合唱音楽科を優秀(満点)で修了。さらにキジアーナ音楽院にて研鑽を積む。ヨーロッパ共同体のフランコ・カプアーナ国際指揮者コンクールで第1位を獲得。オペラ彩公演ドニゼッティ作曲「マリア・ストゥアルダ」を指揮、その年の最高の演奏をした作品に与えられるとされる三菱UFJ信託音楽賞を受賞。ボローニャ市立歌劇場管弦楽団、トスカーナ・フィルハーモニー管弦楽団、ヴェローナ野外劇場管弦楽団、ロシア交響楽団他、日本では新国立歌劇場、東京文化会館など各地の主要劇場にて客演指揮をし、好評を博す。2018年国民文化祭大分に招聘される。
 
 オペラ彩では「マリア・ストゥアルダ」「マクベス」「ラ・ボエーム」「トゥーランドット」に続いて5作目の出演となる。


オペラ「トスカ」

指 揮 ヴィート・クレメンテ ヴィート・クレメンテ
演 出 直井 研二 直井 研二
プロデューサー 和田タカ子 和田タカ子
キャスト 12月8日(土) 12月9日(日)
トスカ 小林 厚子 小林 厚子 石上 朋美 石上 朋美
カヴァラドッシ 村上 敏明 村上 敏明 大澤 一彰 大澤 一彰
スカルピア 須藤 慎吾 須藤 慎吾 佐藤 泰弘 佐藤 泰弘
アンジェロッティ 飯田 裕之 飯田 裕之 井上 雅人 井上 雅人
堂守 党  主税 党  主税 矢田部一弘 矢田部一弘
スポレッタ 布施 雅也 布施 雅也 石塚 幹信 石塚 幹信
シャッローネ パク・ドンイル パク・ドンイル 堤  智洋 堤  智洋
看守 伊東  剛 伊東  剛 福井 克明 福井 克明
牧童 鈴木菜穂子 鈴木菜穂子 天沼 朝子 天沼 朝子
  • 合唱オペラ彩合唱団
    東邦音楽大学 / 東邦音楽短期大学 / 東邦音楽大学附属東邦第二高等学校 有志
  • 児童合唱みどりのそよ風児童合唱団 うずら児童合唱団 児童合唱団和光ジョイアンジェリ
  • 管弦楽アンサンブル彩
  • バンダ東邦音楽大学 有志
  • 美術大沢 佐智子
  • 照明坂本 義美(龍前照明)
  • 舞台監督加藤 正信
  • 衣裳藤井 百合子
  • 大道具(有)イトウ舞台工房
  • 小道具(有)加藤事務所
  • ヘアーメイク(株)丸善かつら
  • 音響齊藤 順子
  • 字幕㈱アルゴン社
  • 合唱指揮・副指揮苫米地英一
  • 副指揮平野 桂子
  • 演出助手舘 亜里沙
  • コレペティトール今野 菊子 新保 あかり 竹之内 純子 栁橋 幸子
  • インスペクター南 幸子
  • 主催特定非営利活動法人オペラ彩 和光市 (公財)和光市文化振興公社
  • 助成平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業
    公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団
  • 認定公益社団法人企業メセナ協議会
  • 後援 イタリア大使館 イタリア文化会館 イタリア政府観光局 埼玉県
    埼玉県教育委員会 朝霞市 志木市 新座市 和光市教育委員会
    朝霞市教育委員会 志木市教育委員会 新座市教育委員会 和光市商工会
    朝霞市商工会 志木市商工会 新座市商工会 (公社)全埼玉私立幼稚園連合会
    (社)朝霞地区医師会 和光ロータリークラブ 朝霞ロータリークラブ
    志木ロータリークラブ 新座ロータリークラブ 和光ライオンズクラブ
    朝霞ライオンズクラブ (公財)日伊協会 埼玉県合唱連盟 全日本オペラネットワーク
  • 協力(有)加藤事務所 東京衣裳(株) 鎌倉漱石の会 日本パウル・クレー協会

オペラ彩のあゆみ

 1984年、オペラ彩の前身である朝霞オペラ振興会を設立。指揮大勝秀也、演出中村敬一の両氏等と共に、メノッティや邦人の小品を数多く上演し、活動の礎を築く。
 1991年、第8回定期公演オペラ「泣いた赤鬼」から演出に直井研二氏を招き、制作、スタッフ、出演者が一丸となって音場空間を生かした新しいオペラ創りに挑み、斬新で意欲的な公演と高い評価を得る。「泣いた赤鬼」の移動公演を望む声が合い次ぎ、出前公演を開始する。
 2002年、第18回定期公演モーツァルト「魔笛」から和光市民文化センターを拠点に活動を開始、クオリティの高いグランドオペラを連続上演して今日に至る。
 2003年、名称をオペラ彩に変更。2007年、法人格を取得して特定非営利活動法人オペラ彩に移行した。
 二度に亘るモーツァルト4大オペラの連続上演(1995~03年)、プッチーニシリーズ(2004~07年)、ヴェルディシリーズ(2008~10年)が高い評価を得る。「トゥーランドット」佐川吉男音楽賞奨励賞、「ナブッコ」三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞と国内の大きな賞を連続受賞して、注目を集める。
 第27回定期公演オペラ「ゼッキンゲンのトランペット吹き」日独交流150周年記念参加事業(2011年)、第28回定期公演「アドリアーナ・ルクヴルール」(2012年1月)、第29回定期公演「マリア・ストゥアルダ」(2012年12月)、設立30年記念公演「マクベス」(2013年9月)、第31回定期公演「椿姫」(2014年11月)、第32回定期公演「ランメルモールのルチア」(2015年12月)、第33回定期公演「ラ・ボエーム」(2016年12月)、第34回定期公演「トゥーランドット」(2017年12月)と、グランドオペラのヒット作が続く。
 文化庁支援事業「文化芸術による創造のまち支援事業」(和光市2005・06年度)、埼玉県文化振興基金助成事業「オペラってなんだ!?」(2007年度)、「オペラってなんだ!?パート2」(2008年度)、「オペラはこうして作られる」(2012年度)、「歌いつごう日本の名歌、語りつごう日本の文化」(2013年度)を担当、地域との連携を図りながら独自のオペラ活動を行なっている。
 オペラの振興を願って2007年から開始した「オペラ勧進…和田タカ子歌と芸術よもやま話」は本年7月に120回を数え、参加者によるオペラ支援の輪が広がっている。
 浜田広介原作によるオペラ「泣いた赤鬼」の移動公演は80回を超え、親子三代が一緒に楽しめるオペラとして人気を博している。子供達からも感動のメッセージが数多く寄せられている。

受賞歴

第23回定期公演オペラ「トゥーランドット」第5回佐川吉男音楽賞奨励賞受賞(2007年)
第24回定期公演オペラ「ナブッコ」第5回三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞(2008年)
第29回定期公演オペラ「マリア・ストゥアルダ」第21回三菱UFJ信託音楽賞受賞(2013年)
和光市文化功労賞受賞(2015年度)

過去の定期公演