特定非営利活動法人 オペラ彩

menu

過去の定期公演PAST OPERA


作品について

 …互いに心寄せ合うルチアとエドガルド。エドガルドがルチアの兄、エンリーコの宿敵レーヴェンスウッド家の当主であったことから、ルチアの悲劇が始まります。
 衰退をたどるアシュトン家復興のために、ルチアと有力貴族アルトゥーロとの政略結婚をもくろむエンリーコ…
 原作は、17世紀にスコットランドで実際に起こった事件をもとに書かれた、ウォルター・スコットの小説、「ラマームーアの花嫁」です。カンマラーノの台本は、歴史的な背景をカットし、登場人物を減らして、オペラの特性を生かした作品となっています。
 ルチアが3幕で歌う「狂乱の場」があまりにも有名で、日本でも愛好者の多いドニゼッティの「ランメルモールのルチア」ですが、ベル・カント・オペラの最高峰に位置し、イタリア19世紀初頭を代表する作品として知られています。
 ドニゼッティが学んだボローニャから、ヨーロッパで活躍する女性指揮者の第一人者、ニコレッタ・コンティを招聘し、オペラ彩が最高の布陣でおおくりする「ランメルモールのルチア」。
どうぞご期待ください。
 「マリア・ストゥアルダ」「マクベス」に続いて、「ランメルモールのルチア」がスコットランドを題材にしたオペラ彩の3作目にあたることから、思い立って、この春、スコットランドを訪ねました。ウォルター・スコットの巨大な像が立つグラスゴーの市庁舎前には、いまだ独立運動の熱冷めやらず、といった面持ちの市民が大勢集まっていました。澄みきった青空、凛としたたたずまいの町のあちらこちらに黄色のラッパ水仙がこぼれるように咲いていました。エジンバラの近く、北海に面した丘陵にラマームーアの地名があります。

プロデューサー 和田タカ子

ニコレッタ・コンティ 指揮者

 イタリア・ボローニャ出身。ミラノ国立音楽院、ボローニャ国立音楽院、ボローニャ大学大学院修了。F.フェッラーラ、レオナード・バーンスタイン、小澤征爾、K.マズーア等の各氏に師事。パヴァロッティ、レナート・ブルゾン、レオ・ヌッチ、ライナ・カバイヴァンスカ、ダニエラ・デッシー他の著名な歌手と共演した他、フィオレンツァ・コッソットとのオペラ「イル・トロヴァトーレ」で来日し、大成功を収める。優れた音楽家に贈られるミネルヴァ賞芸術部門をイタリア人女性音楽家として初受賞したほか、2006年共和国騎士号をC.A.チャンピ大統領より授与され、2008年にはモデナ、パヴァロッティ劇場にてプロフィーロ・ドンナ賞を受賞。好評を博した昨年度のオペラ彩「椿姫」に続い ての来日。


オペラ「Lucia di Lammermoor」

指 揮 ニコレッタ・コンティ
演 出 直井 研二
プロデューサー 和田タカ子
キャスト 5日(土) 6日(日)
ルチア 佐藤美枝子 出口 正子
エドガルド 中島 康晴 村上 敏明
エンリーコ 須藤 慎吾 星野  淳
アルトゥーロ 布施 雅也 小堀 勇介
ライモンド 佐藤 泰弘 矢田部一弘
アリーサ 石川 紀子 河野めぐみ
ノルマンノ 石塚 幹信 吉見 佳晃
  • 合唱オペラ彩合唱団 東邦音楽大学附属第二高等学校 / 東邦音楽大学 有志
  • 管弦楽アンサンブル彩 コンサートマスター 平澤 仁
  • 美術大沢 佐智子
  • 照明坂本 義美(龍前照明)
  • 舞台監督加藤 正信(加藤事務所)
  • 衣裳藤井 百合子(東京衣裳株式会社)
  • 大道具(有)イトウ舞台工房
  • 小道具加藤事務所
  • ヘアーメイク丸善かつら
  • 音響齊藤 順子
  • 字幕㈱アルゴン社
  • 合唱指揮・副指揮田邉 賀一
  • 演出助手舘 亜里沙
  • コレペティトール栁橋 幸子 今野 菊子 新保 あかり
  • インスペクター南 幸子
  • 主催特定非営利活動法人オペラ彩 和光市 (公財)和光市文化振興公社
  • 助成公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団
    文化庁「文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業」
  • 認定公益社団法人企業メセナ協議会
  • 後援 イタリア大使館 イタリア文化会館 イタリア大使館 観光促進部 埼玉県 埼玉県教育委員会
    朝霞市 志木市 新座市 和光市教育委員会 朝霞市教育委員会 志木市教育委員会 新座市教育委員会
    和光市商工会 朝霞市商工会 志木市商工会 新座市商工会 (公社)全埼玉私立幼稚園連合会
    (社)朝霞地区医師会 和光ロータリークラブ 朝霞ロータリークラブ 志木ロータリークラブ
    新座ロータリークラブ 和光ライオンズクラブ 朝霞ライオンズクラブ (公財)日伊協会
    埼玉県合唱連盟
  • 協力(有)加藤事務所 鎌倉漱石の会

オペラ彩のあゆみ

 1984年、オペラ彩の前身である朝霞オペラ振興会を設立。爾来32年間に亘って自主制作によるオペラを連続上演して今日に至る。2003年、設立20年を記念してオペラ彩に名称変更する。2007年、法人格を取得して特定非営利活動法人オペラ彩に移行した。  二度に亘るモーツァルト4大オペラの連続上演(1995~03年)、プッチーニシリーズ(2004~07年)、ヴェルディシリーズ(2008~10年)が高い評価を得る。
 27回定期公演オペラ「ゼッキンゲンのトランペット吹き」日独交流150周年記念参加事業(2011年)、第28回定期公演「アドリアーナ・ルクヴルール」(2012年1月)、第29回定期公演「マリア・ストゥアルダ」(2012年12月)、設立30年記念公演「マクベス」(2013年9月)、第31回定期公演「椿姫」(2014年11月)と、グランドオペラのヒット作が続く。
 文化庁支援事業「文化芸術による創造のまち支援事業」(和光市2005・06年度)、埼玉県文化振興基金助成事業「オペラってなんだ!?」(2007年度)、「オペラってなんだ!?パート2」(2008年度)、「オペラはこうして作られる」(2012年度)、「歌いつごう日本の名歌、語りつごう日本の文化」(2013年度)を担当、地域との連携を図りながら独自のオペラ活動を行なっている。
 オペラの振興を願って2007年から開始した「オペラ勧進…和田タカ子歌と芸術よもやま話」は85回を数え、参加者によるオペラ支援の輪が広がっている。
 人気の高い浜田広介原作によるオペラ「泣いた赤鬼」の移動公演は70回に及び、子供達から感動のメッセージが数多く寄せられている。

受賞歴

第23回定期公演オペラ「トゥーランドット」第5回佐川吉男音楽賞奨励賞受賞(2007年)
第24回定期公演オペラ「ナブッコ」第5回三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞(2008年)
第29回定期公演オペラ「マリア・ストゥアルダ」第21回三菱UFJ信託音楽賞受賞(2013年)

過去の定期公演